自己啓発のための第一歩
自己啓発紹介ページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
本の買収

→せどりはこちらのランキングサイトから学べます



面白いブログ発見しました!


せどりをからめたビジネスについて考察しているpeterさんの
ブログです。


▽自分のビジネスを立ち上げよう!
  http://blog.livedoor.jp/peter1701/ 


peterさんの記事に、「買占め」について書かれていました。


これは面白い発想ですね。


ある本の流通量の30%以上を買い占めれてば、
その人の独壇場になるらしいです。


個人でやられているせどらーさんは難しいと思うかもしれませんね。


30%を買い占めるだけのお金が無い・・・と。


しかし、流通量自体が少ない(発行部数が少ない)本で、かつ、
コアなファンには人気があり、ある程度の利益が見込めるものを
発見すれば、個人の資本でも買占めが可能になるんじゃないでしょうか?


これを探すのは大変そうですが、意外に見落としてるだけかもしれ
ませんね。


自分で売った本の中にそういう本があったりして。。


あと、いま面白いことを思いつきました!


アマゾンでは、本の値段がどんどん安くなってきていますよね?


それを逆手にとるんです。


どういうやり方をするかというと、


他の人が安く出品している本を自分で全部買っちゃいます!!


本当は価値のある本なのに、安くなっている本を全部買い占めです。


企業買収みたいですね(笑)


例えば、ある本に10人の方が出品していれば、それを全部買い占
めて自分が10冊在庫を持ちます。


その商品がもともと在庫切れ商品なら、買占めた時点で誰も出品者
はいませんよね?


そこで、在庫の本を自分の思うような値段で付けて、売れるまで
待ちます。


一冊売れたら、一冊出すという風にしていけばそれだけで、
利益が出てしまいます。


リスクは伴いますが、その本の本当の価値をある程度見極めること
ができれば、いけると思いますよ。



参考になりましたら、こちらをワンクリックして頂ければ幸いです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、いつも読ませて頂いてます。

前に同じようなことをやってみて
成功した事があります。
でも逆に失敗した事もあります。

で、結果として感じたことは
底の見えない物に対しての買占め戦略は
ハイリスクハイリターン過ぎて
割に合わないことがわかりました。

要は損したって事です。
ガックリ。
2005/06/03(金) 16:54:29 | URL | kaba #JalddpaA[ 編集]
kabaさんへ。
はじめまして。
いつも読んでいただきありがとうございます!

私が考えたことと同じ事をやって、成功も失敗したんですか。

確かにリスクは大きいと思います。

だから、そのリスクをなるべく少なくするために、記事にも書きましたが、
「その本の本当の価値を見極める」ことが出来ればやってもいいんじゃないか?と思いました。

「その本の本当の価値を見極める」ということは、その本の相場を知っているということです。

この本はこのぐらいで売れるという相場を知っていれば、それより安ければ買占めもありということですね。

底の見えないものに手を出したのが危険だったのではないでしょうか?

あと、金銭的に損はしたみたいですが、
私が同じ状況に出会ったなら、損と
考えません。

なぜなら、一度は成功もしてるみたいですし、損といっても数千円レベルの損だと思いますので、むしろせどりの勉強が出来たと前向きに捉えれます。

せどりの勉強代としてのお金を払ったと
捉えれば、安いのではないでしょうか?

実は私は今買占めに近いことをやっています。

損は出ないようにデータを取りましたので大丈夫だと思いますが、どれだけ利益が出るのかは分かりません。

結果が出たら、またブログでも報告しようかと思います。
2005/06/04(土) 10:37:13 | URL | もっしん #-[ 編集]
失敗の2例を挙げておきます。

1回は再販されてしまったこと。
しかも初回と再販の区別が無いものです。
まあ、これは運が悪いだけなのでしょうがないです。
こうゆうリスクもあると学べたので良かったです。

2回は競合他者が出てきてしまったこと。
こっちは厄介です。
最終的には現金でのどつき合いになるんですが
相手が見えないので
いつから競合してるのか
どのくらいで利益が出るのか
どれだけの資金があるかわかりません。

めっためたにやられました。
単価が高いものだけに結構な損害です。

買占めは何もなければ利益が大きいですが
狡猾な競合他者が出てくると罠にはまってエライ事になります。
しかも気付きにくいので気をつけてください。
2005/06/04(土) 11:21:05 | URL | kaba #JalddpaA[ 編集]
参考になります
失敗の2例はとても参考になります。

1回目の方は、可能性として十分ありうるパターンですよね。

特にDVDとかは普通にプレミア価格が付いていたDVDが再販となるケースがあります。

こればっかりは、再販となる情報を先に入手して、再販される前に売りぬくしかないですね(特にDVDの場合)

2回目の方は、状況が少し分からないのですが、どういうことを意味してるのでしょうか?

競合他者というのは、同じように買占めをしていた人のことを指すんですか?

あと、結構な損害が出たみたいですが、
買った価格より売った価格がだいぶ下がったということですよね?

競合他者も買占めを実行していて、その人も利益を確保しないといけないと思うので、簡単に安売りはしないと思うのですが。

今わたしが買占めみたいなことをしているのは、単価は低めで、アマゾンで再販になったものです。

もともとプレミアがついていて、再販になり、ヤフオクではまだ高値がついているというやつです。

しかし、同じようなことをやっている人が数人いるので、どうなるか分かりませんねぇ。

また、その商品はアマゾンでまた在庫切れを起こす可能性があるので、在庫切れになったらチャンスがおとずれるでしょう。
2005/06/04(土) 16:11:14 | URL | もっしん #-[ 編集]
トラバありがとうございました!
もっしんさん、トラバありがとうございました!買占めに関しては実に多くの反響があり、かなり、研究の余地あるところだと思いました。
もっしんさん他、様々なアイデアを試されている方もいらっしゃるみたいで、書いた私が一番勉強させてもらったように思います。
価値を見極め、安値の本の買占めは、ぜひやってみようと思います。また私のブログにも遊びに来てくださいね~!
2005/06/04(土) 18:00:12 | URL | peter1701 #SHLDkvn6[ 編集]
もしかして条件が揃えば
反対のことをやる時が来るかもしれないので
詳しくは書けませんが
>あと、結構な損害が出たみたいですが、
>買った価格より売った価格がだいぶ下がったということですよね?
ではないです。

以下、余談です。
最近からマケプレを始めたんですが
マケプレの方がヤフオクより
圧倒的に高く売れるので驚いています。
もっと早く始めてりゃ良かった。
2005/06/05(日) 00:29:04 | URL | kaba #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sedoriking.blog9.fc2.com/tb.php/38-28d27dab
この記事へのトラックバック
在庫700冊を手動で価格調整終了。はぁ~しんど・・ゆうに2時間は使用してる、そして終わった瞬間から注文が入りはじめた。確かに途中でいやになってくるけど、終わると達成感というか充実感に満たされるのは私だけ?今回注文が入る数は未だ少ないけど、
2005/06/11(土) 16:24:41 | ☆★古本販売・プチせどりで月収20万★☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。