自己啓発のための第一歩
自己啓発紹介ページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アマゾンで売れた本の考察(4/29) の続編

■鬼ブログランキング←無料ノウハウ仕入れ先



4月29日に売れた本の一部である

カードキャプターさくらイラスト集

を昨日は紹介しました。


この考察には続きがあるんです。


私は「この本が1500円で売れました」と書きました。


「この本が1500円で売れました」
この文に引っかかるところはありませんか??


特に値段の部分が・・・
カードキャプターさくらイラスト集

のリンク先に見に行って、出品している人の値段を見てください。


だいたい皆さんは900円ぐらいから出品されていますよね?


私はその1.5倍以上の値段で売り切りました。


値段が他の人よりも高いのに、なぜ売れるのか?


という疑問をお持ちになることだと思います。


その理由の一つとしては・・・

「状態の違い」

にあるのではないでしょうか。


私は、「非常に良い」で出していました。


アマゾンでは、「良い」をつける方が多く見られます。

状態の付け方はアマゾンでも以下のように規定されています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/1085248/ref=br_bx_1_c_1_2/249-9507650-7169124

非常に良い
使用されているが、非常にきれいな状態。ページも完全な状態で、書き込みやマーカーの印がない状態。背表紙にも傷がないもの。

良い
使用されていても、きれいな状態。ページやカバーは完全な状態で(カバーがついている場合はカバーも含む)、背表紙に多少の傷が見られる場合。ページに多少の書き込みやマーカーの印があるもの。「蔵書」の印が付いているもの。


という具合に規定されています。


「非常に良い」と「良い」とでは価格の設定に結構違いが出ますので、
客観的に本の状態を見て、状態が良ければ、
なるべく「非常に良い」にすることをおすすめします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sedoriking.blog9.fc2.com/tb.php/4-7e3b11f2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。