自己啓発のための第一歩
自己啓発紹介ページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アマゾンで売れない理由

→せどりノウハウランキングサイト



最近アマゾンでの売れ行きがかんばしくありません。


この前100点以上買ってきて、すぐ出品したのに、
あまり変化がありません。


ゴールデンウィークに全く売れない日が続いたように、
最近は在庫に比べての回転率が悪いです。


原因の一つはやはり価格です。


価格調整を2週間近くしてないので、最安値で出品できて
いない商品が多数あるとおもいます。


ただ、疑問を感じます。


「安ければそれでいいのか?」ということです。


どんどんせどらーさんと価格競争をやっていって、
将来的にこれで本当にいいのでしょうか?


ただの共倒れになりそうで。。


実世界のビジネスでも同じような現象がよく起こります。


ハンバーガーで値段を安くすることを競ったあげく、
結局あまり利益は出ずに、値段も上げるはめになったマクドナルド。


値段を下げるのは簡単。


一度下がった値段を上げるのは大変。


なぜなら、値段が安いのが当然というイメージが、価格を下げた
ことによって顧客に定着してしまったから。


だから、私は値段をあまり下げたくありません。


なるべく単価を落としたくないって気持ちもあるし、
安く価格を設定することだけがこれからの商売のやり方じゃないと
思ってるからです。


付加価値を提供することで、高い値段でも売れるはず。


そう思いながら、今日ある本を読んでました。





上記の本は、神田昌典さんと深い付き合いがあるワクワク系マーケティングを実践されている小阪さんです。


ワクワク系マーケティングは、値段が安くなくても商品やサービスを
購入させるものです。


相手を喜ばせる、ワクワクさせる、
私たちがお客様の心を動かすことで、相手の行動をも動かす
(それが物やサービスを買うという行動に移る)


これをせどりにおいても実践できないか?と考えています。


他にも自分で考えたりして、価格の安さだけでない商売を
実践していきますよ!


参考になりましたら、ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sedoriking.blog9.fc2.com/tb.php/50-938eb835
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。